1978年。USAカリフォルニは州ヴァンナイズ市のガレージでデヴィット・シェクターと数人のエレクトリック・ギターのエンジニアによって世界で初めてのハンドメイドによるギター・ベースのためのボディ・ネック・ハードウェア・パーツ、そしてピックアップが開発されました。

その製品はLAを中心に活躍するミュージシャン達の高い評価を得て、瞬く間に世界中に広まったのです。
特にブラスを使用した不ハードウェアやブラックパーツはシェクターオリジナルとして高い評価を得てきました。

エレクトリックギター・ベースが出現してから、当時でおよそ30数年。
その間、めまぐるしく変わりゆくミュージック・シーンでのサウンド志向やプレイスタイルの変化に伴い、その都度ミュージシャンの間から出る斬新な要求に応えるべく誕生したのが、SCHECTER GUITAR RESEARTCHです。

シェクターは今日に至るまで数々のエレクトリック・ギターやベースを作ってきました。
その間には常にプレイヤーの皆さんのご要望を可能な限り製品化に際しての参考とさせていただいて参りました。
シェクターは今後も新たなる可能背にチャレンジしつつ、品質本意の姿勢を守り、こだわり続けて行きます。